川上薬局のブログ

2016年3月

3月にマザーの会を開催しました。

2016年3月30日 水曜日

3月24日(木)に第17回マザーの会を大高支店にて開催しました。

このところ、ブログでの更新ができていませんでしたが、2ヶ月に1回のペースで

マザーの会を開催しています。

 

今回は、去年マザーの会にご参加くださった時は妊娠中で、去年10月にご出産された

ママさんが5ヶ月になる可愛い赤ちゃんを連れて、参加してくださいました。

マザーの会の間、赤ちゃんはぐずることもなく、スタッフが抱っこさせていただいたりして、

最後はウトウトして可愛い寝顔もみせてもらいました!

 

さて、今回のテーマは「添加物について」です。

まず、会のはじめに「食べることの意味」について考えました。

私たちの体は、食べたものでできています。

本来、「食べることは生きること」で、安全で健康的なものを食べることで、

健康的な体がつくられます。同じように、安全な食べ物を子供たちに食べさせることは、

子から孫へと命をつなげていくことだと思います。

 

けれど、忙しい現代社会に生きる私たちは、つい食べることの本来の意味を忘れ、

「とりあえず、すぐに空腹が満たされるもの」といった感覚で、

簡単、便利で美味しいものを求めてしまいます。

でも、そうした簡単、便利、時短できるものは、添加物や化学調味料が

含まれていることが多いのです。

添加物や化学調味料は、個々の安全性は調べられてはいるけれど、

それが何種類かたくさん組み合わされて使われた時、果たしてどうなるのかは

きちんと調べられていません。

そして、これらの添加物を摂ったことで、目に見えるほどの健康への害は

すぐには出てきませんが、長い年月を経て、子や孫の世代で出てくることもあるのです。

 

今は、色んなところでこうした添加物や化学調味料は使われており、

なかなか避けては通れませんが、今一度食べることの本来の意味を思い出して、

自分たちや、大切な家族、そして子供たちの未来のためにも、

できるだけ手作りで料理をしたり、

買い物するときは、裏の表示を見てなるべく添加物の使用が少ないものを選んだり、

そして私たちの強い味方、バイオリンクで解毒することなどを一緒に考えました。

 

次回のマザーの会は5月に開催予定です。

ページの先頭へ戻る